リモートワークを試行錯誤しています

サーバーワークスではリモートワークを試行錯誤しています。リモートワークでも会社に来て仕事する場合でも同じような成果を出せるのが目標です。通勤時間は本来無駄だし、クラウド専業なのに仕事場所に縛られているって矛盾です。もっと働きやすい環境を作っていきたいと思ってます。既にリモートワーク中心にして家族との時間を増やすことができているメンバーや、趣味や勉強の時間にあてて能力を伸ばしているメンバー、Googleさんとかでやっている20%ルールみたいなのを独自でやっているメンバーもいます。

 現状わかってきたこととして、リモートワークの日と会社に来る日はバランスを取ることがよさそうです。Slackのような社内SNSSkype・GotoMeeting・Hangoutなどのオンラインミーティングツールを組み合わせることでリモートワークでもコミュニケーションについてはかなり取りやすくなりましたが、まだまだFace to Faceでのコミュニケーションには劣ります。このため、リモートワーク中心のメンバーも業務状況に応じて各自の判断で適切な頻度で会社に来ています。仕事中や休憩中のちょっとした他愛もない会話ってやっぱりFace to Faceの方がしやすいし、こういうの意外と重要です。なのでリモートワーク環境ばかり強化するのではなく、適度に会社に行きたいと思うような動機付けを目的とした仕掛けも検討しています。

また、ミーティングで利用するハードウェアについては社内外に関わらず、少々安くて音質が劣っていてもポータビリティの高いものの方が結果的に受け入れられています。ただこれだけでは利用用途によっては不十分なところもあり、今後更に改善を行おうとしています。

 

3月からは福岡も3名体制になります。そしてそのうちの1名は福岡拠点であるもののリモート中心にした方がよさそうです。こういう判断もしやすくなってきています。これからもいろいろチャレンジしてより働きやすい環境をつくっていきますよ。