サーバーワークスが上場しました。

さすがに上場日くらいは書こうと、でもあまり実感はありません。

こちらご覧ください。

blog.serverworks.co.jp

色々な会社があって色々な選択肢もあって、そこに正解はありませんが私達は上場するという通過点を選びました。

準備をしていての印象としては「これは会社全体に対する最強の認定資格」だなでした。リスク管理や情報のオープン化、フェアな制度の整備など、よい経験をさせてもらいました。バックオフィスのメンバーはかなり大変そうでしたが、事業メンバーには出来るだけ負担がかからないよう、私達の強みがなくなるようなことがないようルール整備を行えた気がしますし、周りの協力もありましたので大変ありがたかったです。

まだまだ新しいSIer, CIerになっていくためのただの通過点です。クラウド専業であることのスピードと柔軟性を向上しつつ、とはいえ正確性や信頼性も求められるなかでこれからも色々と試行錯誤を大量にしながら成長していきたいと思ってます。

引き続きよろしくおねがいします。

クラウド時代の営業力養成講座 1 :クラウド営業とは

 

このブログは クラウド営業 Advent Calendar 2018 - Adventar 5日目です。

こんにちは、羽柴です。
私は結構な人見知りなのですが営業歴は18年くらいになります。AWSの営業をはじめてからはちょうど10年です。その前はロードバランサーとか普通のWeb開発の営業してました。前職は食品メーカーでイカ塩辛とか冷凍おせちとかを売ってました。

このたび3年くらいまえに社内で何回かに分けて実施した営業力養成講座の初回をちょっとカスタマイズして、クラウドに限らずというところもありますが書いてみたいと思います。

今日のお題はクラウド営業とは」です。

続きを読む

伝えたいことのその先を考えると伝えたいことが変わる

たまに社内外で聞くことがあります。

「こうして欲しいから最近強く言っている」

「言うべきだと思ったので厳しく指摘した」

違和感があります。

例を1つほど挙げてみます。部下へのフィードバックです。

「あなたは仕事の視野が狭く、この仕事ばかりしていることは将来にとってマイナスです。今後仕事の幅を広げるためにこの仕事をしてください。」

ちょっと極端な例ですが話しの内容は正しいとしましょう。この伝え方をして部下は素直に聞き入れるでしょうか。おそらく言った側の自己満足になるような気がします。

伝えるということは最終的には対象者の行動を改善するか仕組み化を促すか、要は変わって欲しいから言っているはずです。ただし伝えるべきことに執着すると結果的に自分視点になりがちです。相手がこれを聞いたらどう思うかを考慮していないことが意外とあります。

先のフィードバックを言われたメンバーは、おそらくこれまでの仕事や自分の頑張りを全否定された気持ちになるでしょう。全否定されればその内容が正しくても感情的に受け入れられません。受け入れられなければ変わろうとする気は起きにくいでしょう。変わらなければ伝える意味はありません。伝え損です。

伝え方はその内容よりも重要かもしれません。内容が不十分、もしかしたら全く思っていないことでも相手の変化が求めるものになればよいと思います。

例えばこういう伝え方だとどうでしょうか。

「あなたの仕事はとても素晴らしくこれまでにたくさんの貢献をしてくれました。ただ会社がアサインしている仕事の関係上少し特化的になってしまっている現状もあるので、今後こういう仕事にも取り組み、より能力の向上と会社への貢献を両立してほしいのだけどもどうでしょうか。」

うーん、こんなもんですかね。

Slackなどの文字でのコミュニケーションが活発になってくると、より伝え方が難しくなってきます。ただしこれは仕事をする上でとても大事なスキルだと思います。伝えたいことの先を考えて、うまく伝えられるようになりたいですね。

背中を押してくれるお医者さん

子供のころ小児喘息でした。走っては発作を起こし、気圧の変化で発作を起こし、ちょっと空気が悪いと発作を起こし、結構な頻度で病院に行っていた気がします。

かかりつけの病院には先生が2人いました、曜日によって違ったみたいです。

続きを読む

Amazon LexとCloud Automatorを接続して、ChatbotからAWSを操作してみる(Advent Calendar 18日目)

この記事は「 Cloud Automator Advent Calendar 2017 - Qiita 」の 12/18 日分のエントリーになります。

こんにちは、羽柴です。Cloud AutomatorのAdvent Calenderを勢いで登録してしまいましたので何か書きます。

面白い記事がいろいろ出てますね。

blog.serverworks.co.jp

Amazon Connectいいですね。

kobataka.hateblo.jp

Alexaも熱いですね。

qiita.com

Google Homeネタも出てきました。

電話・Alexa・Google Homeときたので、そしたらChatbotでいってみましょう。AWSのサービスでいうとAmazon Lexです。

続きを読む

iPadだけで3日間仕事して、いけてるとこいけてないとこ

Macbookのキーボードが壊れました。スペースキーを押すと戻ってこないため凄い速さで変換されてしまい仕事にならないので修理に出しました。

それでせっかくの修理期間中なのでiPadで仕事をしてみることにしました。iPadでWorkSpacesという選択肢もあったのですが、最先端はネイティブアプリだろうという思い込みです。そこでの感想をまとめます。

環境

iPad:たぶん3年前くらいに購入した普通のiPad

キーボード:代表が持っていたLogicoolを借りる

ちなみにキーボードはMicrosoft社製のも2つほど借りて試して悪くはなかったのですが、iPadはそもそも英語配列の方がよいですね。そういう仕様みたいです。

f:id:takashihashiba:20171107105842j:plain

いけてるところ

軽い

キーボードも200gくらいのを使ったので軽いですね、電源も軽いのでMacbook軽いとはいえ更に軽いです。

意外とキーボード入力はいける

外付けキーボードに慣れてしまえば意外といけます。

ネイティブアプリまずますいける

主にBoxとSlackを利用しましたがBox内のOfficeファイルからの直接編集は問題なくできました。パワポとかExcelとか大丈夫すね。SlackもMacのネイティブアプリと遜色ないです。
ちなみにOneloginは主にブラウザから利用してましたがこれも問題ないです。

GsuiteのメールはブラウザでPC版表示して利用しました。現状ではGmailはブラウザでのタブレット版やネイティブアプリではショートカットに対応していません。メール処理をスムーズにするためにいろいろ試したなかで、結局はブラウザでPC版にすることでショートカットが効いたのでよかったです。

いけてないところ

マルチタスクがやっぱりちょっと厳しい

Macと同じようにcmd+tabでアプリケーションは切り替えられるのですが、iPadだと利用していないアプリケーションは停止状態になっているため切り替えからのアプリ復旧時間が数秒かかります。これイヤでした。

また、Boxのアプリを利用するなかで例えばBox noteを開きながらパワポ資料を開くようなことは現状できないので不便でした。

無線が遅い

BluetoothなのかiPadの性能なのか、多分両方だと思うのですがキー入力の反応はワンテンポ遅いです。微妙に後からついてくる感じ。

Wifiネットワークも遅かったです。10MBのファイルを開くと5分くらいかかりました。これは私のiPadの性能だと思います。

ブラウザの表示がPCなのかモバイルなのかコロコロ変わる

ブラウザでSalesforceやQuestetraを開くと、Salesforceは例えば稟議承認画面が急にモバイル表示に変わり詳細が見えないとか、よくありました。都度都度PC版をリクエストすればよいのですがちょっと面倒でした。デフォルト設定とかできたのかもしれません。

まとめ

今回の修理期間ではメール処理やOfficeとの格闘がメインだったのでそこそこ仕事になりました。初代iPadで昔試したときはハード面やネイティブアプリ面等々全く仕事にならなかっただけに進化していることを実感しました。ただ、今Macbookが返ってきてこうブログを書いていると、やっぱりMacbook最強です。iPad Proだとちょっと違うのかもしれません。またいつか試して技術の進化を実感してみたいと思います。

 

これからの主流になるのか、マルチクラウドという設計

最近増えてきました、IaaSのマルチクラウドでインフラを設計構築したいという話し。なぜそういう話しが出てくるのか考えてみました。

マルチクラウドの動機

マルチクラウドにしたいとは例えばAWSとAzureを両方使える環境を整えたいというニーズになりますが、やはりベンダーロックインを回避したいという動機が主ではないでしょうか。オンプレミスにおけるデータセンターの複数拠点やハードウェアメーカーを複数用意するというような感覚に近そうです。ただ、データセンターやハードウェアは別であってもある程度標準化された技術で対応できますが、クラウドはソフトウェアなので同じ機能でもその仕様やAPIなどは異なり、スキルとしては二重に用意する必要があります。会計ソフトを冗長化するために勘定◯行と大蔵◯臣を両方使うみたいな、そんな印象です。

続きを読む